Polarized Sunglasses

偏光グラスについて

 

 

偏光グラスをかける目的は

@ 怪我から目を保護する

A 紫外線を防ぐ

B ぎらつきを抑え水中を良く見る

の三つになります。

大切なのは、一日かけていても疲れないこと。そのためには自分の顔にあったフレームを探すことと、「偏光酔い」などしない、品質の高い偏光レンズを使うことが重要になります。

ビスタイエロー

フレームに関して

 

フレームは好みの分かれる所ですが、まず、顔にフィットすること(私は顔がでかいので横幅の大きいものを選んでいます) そして、できるだけ顔とフレームの間から余計な光線が入り込まないものがいいでしょう。

最近のお気に入りは下にあげてありますが、これら以外にも偏光グラスは全部で20本以上持っています。

↑はお気に入りのBlack Flys HOPPER と WARRIER、XXなど
最近はセルフレームを選ぶことが多くなりました。何せ、冬は寒いので少しでも金属から離れたいですから。

レンズに関して

 

レンズはTALEX(タレックス)を使っています。今の所これ以上のものは見つかっていませんね。ちなみに、ガラスレンズは重いのでプラスチック(ハードマルチコート)を使っています(気にならない方はガラスレンズのほうが傷がつきにくいですよ)

トゥルービュースポーツ

カラーは

ビスタイエロー、アクションコパー、トゥルービュースポーツ、トゥルービューの4種類を使い分けています。

シチュエーションによって持っていくサングラスが変わります。

NZのサイトフィッシングではビスタイエローを、ストーキングやスポテッィングにはトゥルービューを。

北海道のドリフトボートフィッシングではトゥルービュースポーツを、曇天や雨のときはアクションコパーを。

ドライビングにはトゥルービューを使います。

 

ビスタイエロー

 

可視光線透過率が高い

コントラストがはっきりする

偏光度もそこそこある

アクションコパー

 

とにかくコントラストがはっきりする

くっきり見せる。その割には疲れにくい。偏光度も高い。

トゥルービュースポーツ

 

可視光線率はそんなに高くはないが偏光度が高い。色の変化もあまりないので見やすく疲れにくい。

アフターケア

 

偏光レンズは熱に弱いので、直射日光の当たる車内に放置するのは良くない。

汚れた場合は中性洗剤と水で洗い(お湯はだめ)水分をすぐに取っておく。クロスでゴシゴシ擦るのもあまりお勧めしない。ましてやティッシュで擦るなどもってのほか。コーティングがはがれてしまう。

レンズは非常にデリケートなので注意しましょう。

あとがき

 

最近、勧められて「イーズグリーン」で偏光グラスを作ってみたが、結論から言うと『ダメ』 可視光線透過率は確かに高く明るいのだが偏光度が低すぎてぎらついてしまう。それにコントラストもはっきりしないため水中の魚が見えにくくなってしまう。偏光度、可視光線率、そして、色によるコントラストの3要素が重要だということを思い知らされた。

 

やっと釧路にもタレックスのプロショップがオープン。

イオン昭和ショッピングセンター内の早川メガネ。

技術的なものがどうだかちょっと心配だったが、2件、レンズの入れ替えをしましたが問題なし。仕事は丁寧にしてくれます。

以前いた、小難しい店長さんと違って早川さん(社長さんか??)は親切丁寧。

おすすめです。

ご意見、ご質問はこちらへ → webmaster@welcome2nz.com

 

鱒達に出会う休日

090-9519-2629

FISHING TOP


ご意見、お問い合せはinfo〇welcome2nz.comまで
©2003
Earth Circle Limited.  Information in this document is subject to change without notice.

Earth Circle Limited (JP) アースサークル社 〒088-2264 北海道川上郡標茶町塘路 Phone:01548-7-3100

Web page prepared by Earth Circle Limited