Drift Boat Fishing

ドリフトボートフィッシング

 

  Drift Boat 

私たち、「鱒達に出会う休日」のフィッシングツアーは、皆様に鱒達との出会いを通して、豊かな自然の中で過ごす休日をすばらしい思い出としていつまでも心の中にとどめていただきたいと考えております。

そのための手段としてドリフトボートフィッシングツアーを行っております。

私たちがお連れする美しい川にはコンクリート護岸や堰堤などはふさわしくないと考えております。

すばらしい、この道東の自然環境の中、鱒達に出会う休日を心ゆくまでお愉しみください。

釧路川では一年間を通してフィッシングがお楽しみいただけます

INDEX

Drift Boat Fishing Tour

釧路湿原の休日 :アメマス

(釧路川湿原域)

場所:釧路川湿原域  期間:3月から9月

春は大型のアメマスを。

夏は産卵前のコンディションの良いアメマスを。

Drift Boat Fishing Tour

釧路湿原の休日:イトウ

(釧路川湿原域)

場所:釧路川湿原域  期間:10月から12月

次のメーターオーバーのイトウは誰が?!

Drift Boat Fishing Tour

幻の魚、イトウに出会う
別寒辺牛湿原

場所:別寒辺牛川湿原域  期間:4月、5月、6月、11月

イトウの棲む川へようこそ

Drift Boat Fishing Tour

Big Fish! Big Fight!
別寒辺牛湿原

場所:別寒辺牛川湿原域  期間:4月、5月

記録は85cm。ぜひこいつを超えてください。

Drift Boat Fishing Tour

阿寒川の休日

(阿寒川下流域)

場所:阿寒川下流域  期間:3、4、5、9、10、11月

良型のアメマスが期待できます。グッドサイズを狙いましょう。

 

釧路湿原の休日(釧路川湿原域)ターゲット:アメマス
期間:3、4、5、6、7、8、9月

場所:釧路川湿原域

期間:3月から9月

フィッシングメソッド:ルアー、フライ

ターゲット:アメマス

ツアー時間:実釣、約6時間(軽食つき)

 

通常ではなかなか踏み入ることのできない釧路湿原国立公園をドリフトボートで釣り下ります。

蛇行を繰り返す自然な川、それが釧路川です。

ターゲットは完全なるネイティブトラウト、アメマス。それも、60cmオーバーのビッグフィッシュを狙います。

タイミングさえ良ければイトウに出会うことも可能です。そんな自然豊かな釧路川での休日をお楽しみください。

 

一日、ドリフトボート3艇(6名さま)まで

詳細はこちら

 

【コース】

五十石〜スガワラ

 国立公園の北のはずれにあたります

スガワラ〜細岡

 カヌーが多いため夏季はNG

細岡〜岩保木水門

 国立公園の南のはずれ

瀬文平橋〜標茶町

 瀬と淵の連続、フライはこちらがお勧め

 

天候などの自然条件により、
ご希望に添えない場合もございます。

 

ツアー料金:¥50,000(2名様の場合)


 お問い合わせ  

お申込み・お問い合わせ

 

 [ページトップへ]

釧路湿原の休日(釧路川湿原域)ターゲット:イトウ
期間:10、11、12月

101cm、イトウ

場所:釧路川湿原域

期間:10月から12月

フィッシングメソッド:ルアー、フライ

ターゲット:イトウ

ツアー時間:実釣、約6時間(軽食つき)

 

通常ではなかなか踏み入ることのできない釧路湿原国立公園をドリフトボートで釣り下ります。

蛇行を繰り返す自然な川、それが釧路川です。

ターゲットは完全なるネイティブトラウト、イトウ。それも、メーターオーバーのビッグフィッシュを狙います。

そんな自然豊かな釧路川での休日をお楽しみください。

 

一日、ドリフトボート3艇(6名さま)まで

詳細はこちら

 

【コース】

五十石〜スガワラ

 国立公園の北のはずれにあたります

スガワラ〜細岡

 カヌーが多いため夏季はNG

茅沼〜スガワラ

 最もイトウの濃いエリア

 

天候などの自然条件により、
ご希望に添えない場合もございます。

 

ツアー料金:¥55,000(2名様の場合)


 お問い合わせ  

お申込み・お問い合わせ

 

[ページトップへ]

幻の魚、イトウに出会う別寒辺牛湿原
期間:4、5、6、11月

場所:別寒辺牛川湿原域

期間:4月、5月、6月、11月

フィッシングメソッド:ルアー、フライ

ターゲット:イトウ

ツアー時間:実釣、約6時間(軽食つき)

 

良い確率でイトウに出会えます。

外道は50cmオーバーのアメマス。

まわりは湿原、ドリフトボートでなければアクセス不可能なスペシャルエリアへご案内します。

 

一日、ドリフトボート2艇(4名さま)限定。

詳細はこちら

 

天候などの自然条件により、
ご希望に添えない場合もございます。

 

ツアー料金:¥50,000(2名様の場合)


 お問い合わせ  

お申込み・お問い合わせ

 

[ページトップへ]

Big Fish! Big Fight!別寒辺牛川
期間:4、5月

場所:別寒辺牛川湿原域

期間:4月、5月

フィッシングメソッド:ルアー、フライ

ターゲット:イトウ

ツアー時間:実釣、約6時間(軽食つき)

 

狙いはズバリ、60cmオーバーのアメマス。

記録は85cm。ぜひこいつを超えてください。

潮回りによりスタート時間が変わります。

まわりは湿原、ドリフトボートでなければアクセス不可能なスペシャルエリアへご案内します。

 

一日、ドリフトボート2艇(4名さま)まで

詳細はこちら

 

天候などの自然条件により、
ご希望に添えない場合もございます。

 

ツアー料金:¥50,000(2名様の場合)


 お問い合わせ  

お申込み・お問い合わせ

 

  [ページトップへ]

阿寒川の休日(阿寒川下流域)
期間:3、4、5、9、10、11月

場所:阿寒川下流域

期間:3、4、5、9、10、11月

フィッシングメソッド:ルアー、フライ

ターゲット:アメマス

ツアー時間:実釣、約6時間(軽食つき)

 

いわずと知れた阿寒川、その下流域をご案内します
釧路川と比べると、浅く、流れが軽いのが特徴です。ただ、いったん増水すると2m以上水位が上がってしまうので天候には要注意です。また、濁りも取れにくいので条件の良くない時には釧路川や別寒辺牛川に振り替える事もありますのでご了承ください。
条件さえ合えばドライフライで楽しむことも可能です。両岸を深い谷で挟まれ、ほとんど釣り人を見かけることもないスペシャルエリアへご案内します。

一日、ドリフトボート2艇(4名さま)までオーケー
 

詳細はこちら

 

【コース】

阿寒町(舌辛川合流)〜嘶橋

 

天候などの自然条件により、
ご希望に添えない場合もございます。

 

ツアー料金:¥50,000(2名様の場合)


 お問い合わせ  

お申込み・お問い合わせ

 

[ページトップへ]

ドリフトボートとは  Drift Boats

Teddy's Boat in 別寒辺牛川

ドリフトボートとはその名のとおり川の流れに乗ってゆったりと下るためのボート。

しかも釣りをしやすいようにさまざまな工夫が施されています。

 

ボートのスタイルとしてはハードタイプがアメリカでは主流ですが、ボートの発着のための施設が整っていない日本では使える場所が限られてしまいます。そこで私たちはインフレータブルボート(ホワイトウォーターラフト用)にアルミニュームのフレーム(フィッシング用)をセットしたドリフトボートを使用しています。

このタイプなら大人2人で持つことができるので使用できる場所が広がります。

写真見ていただけば分かりますが、ガイドを含めて3人乗ることができます。しかも、釣りをするのに十分なスペースが確保され、立ってキャストすることも可能です。

また、本体はホワイトウォーターラフト用のボートですので、安全性、安定性、操船性能などハードタイプやポンツーンタイプとは比べ物になりません。特にポンツーンタイプは安定性と操船性に問題があります。

ハードタイプは施設さえ整えばツアーに使って行きたいと考えていますが。

ハードタイプ


Fishing

Yasu's Boat in 釧路川

 

釣り方は2種類。ボートを止めてウエイディングして釣る方法とボートから釣る方法。どちらも通常では入りにくいポイントに入ることができるのが特徴。

特にボートから釣る場合、ドリフトしながらでもアンカーを打ってボートを止めてでも釣ることができます。

実はドリフトをしながら釣るのがガイドの操船技術の見せ所で、これが結構難しい。私たちがこのドリフトボートフィッシングツアーを日本で初めてツアーに仕立ててからまる10年間(私自身はその前に12年間ニュージーランドでドリフトボートを使ったフィッシングツアーを行っていた)、今、一人前にちゃんとガイドできるのはまだ、3人だけです。

 

理想は、デッド・ドリフト、流れと同じスピードで舟を流すのがベストです、が風あり、複雑な流れありと結構苦労します。しかも、ポイントにキャストしやすいようにポジションを取らなくてはなりません。

一番若いマサはきちんとガイドできるようになるのに丸々2年かかりました。彼はすでに釧路川も別寒辺牛川も100回以上下っています。

 

アンカーを打った場合はウエイディングして釣る場合とほぼ同じです。デッドにドリフトしている場合の釣り方は、止水での釣り方に似ているのですが、ポイントは移動していく点が大きく違います。

ドライでもニンフでも基本的にフライはデッドに流れます。ウエットの場合は、いかにしてポイントにフライを送り込むかが重要になります。

スプーンの場合もこの送り込みが大切になります。ミノーの場合はボートの進む速さとキャストする方向(アップ、ダウン、サイド)を考えなければなりません。

この辺は実際にボートに乗ってガイドの指示に従ってください。また、不明な点は必ずガイドに質問してください。

 

Masa's Boat in Chimikeppu


Big Fight in 別寒辺牛川

別寒辺湿原

現在ドリフトボートは3艇あります。1日に6名様までご案内できます。

[ページトップへ]

1m20cm、2008/12/14 釧路川

フィッシングメインへ


ご意見、お問い合せはwebmaster@welcome2nz.comまで
©2003
Earth Circle Limited.  Information in this document is subject to change without notice.

Earth Circle Limited (JP) アースサークル社 〒088-2264 北海道川上郡標茶町塘路 Phone:01548-7-3100

Web page prepared by Earth Circle Limited